S H O P H O T O

作風が安定しない

c0189533_0182752.jpg

女子カメラ風もアンダーな写真もどっちも好き
作風が安定しない(^∀^;
写真は昨年7月の金木戸川小倉谷

画像クリックで大きくなります
[PR]
by sho-m1228 | 2015-07-11 00:20 | | Comments(14)
Commented by TOMOWL at 2015-07-11 00:42 x
どっちも撮れるってところがいいじゃないですか!
Commented at 2015-07-11 00:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by randomlife2004 at 2015-07-11 00:45
あんずるなかれ。
不惑の歳も中盤のオレでも迷いまくってる。w
Commented by Sickle & Rice field at 2015-07-11 05:46 x
記事の趣旨から外れてスミマセンが
この滝の写真は好きです。

最近、滝の写真と言えば、露光時間長めにして水流を意図的にビーって写したものが多いですけど、私は見た目の感覚に近いモノが好きです。

とかゆって、金木戸川も小倉谷も行ったことないんですけど…。
Commented by hogecyan at 2015-07-11 06:38
どっちも好きならどっちもshoさんの写真ですよ~。
わたしもそうですが。(笑)
Commented by alpinism2 at 2015-07-11 08:28
二つの大きな滝が一緒に落ちる・・・
ホンマにいい場所ですね~
私には作風なんて言えるモノが無いので、とりあえず仕上げちゃってます(^^ゞ
金木戸川小倉谷、私も久しぶりに大きな谷に行きたいです!
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:24
■TOMOWLさん

ご無沙汰してます!
ありがたいお言葉です(・∀・)
感じるままに適当にいきます(爆)
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:31
■鍵コメさま

こちらこそご無沙汰してます!
50mm1本はなかなか厳しいですよね、近づいたり下がったりしてる間に、滝から落ちそうですよね(爆)

第二回個展は興味あり!ただし、テーマ猫とか、難易度高杉ですヽ(≧▽≦)ノ

テーマは持った方がいいですよね。
鍵コメさまもぶち当たりましたか。
ギョーザはさっき食べてきました(爆)
そのうちみんなで行きましょう!
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:36
■random兄さん

マジですか、ピシーって一本入ってますよ、randomさんの写真。
歳といえば、私一個下でしたわ。
中年同士、誤爆された同士()、楽しくいきましょう(爆)
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:44
■Sickle & Rice Fieldさん

コメントありがとうございます!
実は、Sickle & Rice Fieldさんに言われて、ブログ更新しました(笑)

ここは去年師匠達に連れて行ってもらった沢で、「滝を見る谷」というぐらい、立派できれいな滝がたくさんありました。
ほんとは三脚持って、じっくり撮れたらいいんですけど、ソロでこのグレードは私には無理なので、山行の合間に撮るスタイルで続けています。
自分がリーダーで行ける沢はせいぜい2級ですが、それでも自分には初めてのルートなので、探検ですね(^0^)

Sickle & Rice Fieldさんは自分を持って色々山行されてる方で、いつも楽しく拝見させていただいてます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:47
■ケイトさん

いつもありがとうございます。
ケイトさんは明るくて女子っぽい作品で、いつも見ると癒されますよ。
私はそういう写真も好きなのですが、山に行くと荘厳な感じとか畏怖の念とかで、こういうダークな写真になっちゃうんです(笑)
まあ、どれも自分ですよね。
でも、一目で私の写真だと分かるようなスタイルは大事だと思うので、模索していこうと思います(^0^)
Commented by sho-m1228 at 2015-07-11 18:54
■alpinism2さん

二つの滝が合わさるところって、かっこいいですよね。
ここは他にも立派な滝がいくつかあり、とてもいいところでした。
小倉谷出合で溺れかけたので、
巻きで行こうと上に登ったらズルッと落ちてまた結局同じとこで溺れかけて()、
先輩がロープ投げてくれたのになかなか私のとこに届かなくて二人に大笑いされて私がキレて()、
思い出深いところです(爆)

その後奥多摩の沢で泳ぎ克服しましたよ(笑)

山岳会の友人が言ってましたが、山は少しずつレベルアップしないと、いけない敗退につながりますよね。
自分はさいわい、いい師匠達に恵まれたので、よいところを学んで楽しく続けて行こうと思います(決意表明か?)

alpinism2さんの写真は写実的で好きですよ!
山行の途中であれだけきちんと撮れるのはすごいと思います。
Commented by small-talk at 2015-07-16 23:39
例えば、「楽園」で有名な三好和義だって、タヒチと屋久島では、結構「表現方法」が違いますよね。
片や極彩色の光景、一方は重厚な景色です。
でも、どこか共通する「何か」があるのですよね。
その、「何か」がパーソナリティーであり、真の意味での、作風なのかなと思います。

表現方法は、手段なのだと思います。
手段の先に、何を伝えたいのかがあるのでしょう。
根源的な意志というか、コンセプトとか、美意識とか、大げさに言えばその人の人格とか。

なんて、テキストを拝読して、思いました。
Commented by sho-m1228 at 2015-07-16 23:53
■small-talkさん

ありがとうございます。
おっしゃる通りですよね。
一番大事なのは「何を伝えたいのか」ですよね。
写真家・相原正明さんの本にも、「技術はあまり重要ではなくて、ハートが大事」とありました。
読み直さないとです(・∀・;